​Lucky Yoga BLOG

  • ひろみ

遅ればせながら、先日やっとZOOMのホストをやってみました!


出版前の去年夏ぐらいから少しずつ準備を進め、写真以外にもZOOMグッズを

色々と買い足してはいるのだけれど。

アナログ人間なのと性格的にも、どうしても一歩踏み切れずにいました(^_^;)

「そのうちコロナも収束するだろう」なんていう、期待もあったし。

でも最近の状況を見ると、コロナは長引きそうですよね。

CMを見ていても「除菌機能付きのエアコン」とかコロナ対策を前面に打ち出した

商品が多いです。企業も次の手を考えて商品開発しているので、

私もこれから先はリモート必須だなと観念した次第。


ZOOMはヨガに限らず、いろんな講座を受けてきましたが、

資料を画面共有するレクチャー系の講座はとてもZOOMに合っていると思います。

ただヨガとなると・・・。空気感を大事にしたいのでいろんな工夫が必要。

そんな難しいことを考えているから、踏み出せないんですが(^^;


まずは「ホスト慣れすることが大事」と、今回ZOOMで行ったのはヨガではなく

ライティング講座です。元ライターなので文章のコツや、本に載せる図や表の作り方などを資料とともにレクチャー。

出版の時にお世話になったスクールでこれから出版をする仲間に呼びかけたら、

無料ということもあり17名もの参加者が!

でもでも、何度も練習したわりには本番では全く違うー!!

あせっていたからかもしれないけど、参加者さん全員の様子がみれない!

そして確認用スマホは自分の声がうるさくて退出!

「今どんな感じて誰にしゃべっているんだ!?」と暗闇のような中で進めました・・・。

だけど質問してくれた人の顔だけは見れたので、画面の状況を確認しながら、きちんと説明できました。このへんはヨガで普段から人前でしゃべることに慣れていたので、本当に良かったー!

おかげでたくさんの人が気軽に質問してくれ、感謝のコメントも続々といただきお開き。

相手に喜ばれ、私はZOOMの勉強ができ、思い切ってやって良かったです♪


この経験を活かして、ぼちぼちとリモートにも活路を見いだしていきます💛








6回の閲覧
  • ひろみ

最終更新: 1月26日

去年12月に「ラッキー体操」を出版して、年末年始に読んでくれた方々が多く、

最近、嬉しい感想を聞くことが増えてきました♪

「ラッキー体操を行って、抽選販売に当たった」とか「本を参考に温活してます」とか・・・


その中で「こんな自分でも幸せになれるんだ、と安心しました」と言ってくれる方がいて、

それこそ出版した目的の一つ!とてもハッピーな気分になりました♪

その方は若いOLさんで、定期的にレッスンに通ってくれている生徒さんです。すごく真面目で自分の仕事に一生懸命。ただ不器用なところがあって、仕事上の悩みが色々あるようです。「若い頃の私に似ているなー」と共感することが多く、肩に力が入りすぎている日常をヨガでゆるめてもらっていました。

そして今年最初のレッスンで目を輝かせて「ラッキー体操」を読んだ感想を上記のように語ってくれたのです!まさに私が想定していた読者像の一人であり聞きたかった感想♪


なんでもそうだと思いますが、「ラッキー体操」は万人受けしません。

現状に何の不足感もない人には響かないだろうな、とは思っていました。

もしくは不足感だらけの人には「ヨガ教室やのに、変やわー」と響きすぎることも。

スポーツクラブではマダム風の年配女性から「『ラッキー体操』って、ヨガらしくないし、声を出すのがイヤ」と言う意見も聞きました(^_^;)

同じ年配女性でも、「嬉しいのあと、何て言うんやった?」と聞いてくれる人もいて、

捉え方は人それぞれ。

Amazonキンドルの評価でも★1がひとつありました。

前後の流れから何となくイヤな予感がしたので、察しはつくのですが、

評価1にするならどこが悪かったのかコメントぐらい書いてほしいな、と思うのです。

まぁ評価1にするという事は、何かしらの感情が揺さぶられた証拠なので、

それはそれでいいか、と。


そんな他人の評価に落ち込むこともありますが、良いも悪いも人それぞれの感想。

いい評価を励みに、自己肯定感が高めている最中です💛


#ラッキー体操











4回の閲覧

2度目の緊急事態宣言ですね・・・。

業務委託先のレッスン会場でも夜8時を越えるレッスンは自粛されているので、

ラッキーヨガでも木曜夜7時半~8時半のレッスンを7時~8時に変更させていただきます。


各レッスン会場でいろんなコロナ情報を耳にしますが、

家族7人全員が感染したお家もあるようで

「ウィルスが変異していっているので、一人がかかったら家族は間違いなく感染する」

そうなのです。

これほど人数が増えているので、もはや感染しない方が不思議かも?という意見も多数。


私はちょっと前まではコロナは異次元の世界の話、と思うほど無防備でした・・・

忘年会にも躊躇なく参加し、手の消毒も限られたシーンのみ「みんながやっているから、

とりあえず」的なレベル。

でも最近、ほんとにコロナ恐るべし!をひしひしと感じています。

感染もこわいし、後遺症もこわい!むこうはどんどん進化していっていますもんね。

仕事をする人間として、もっと自覚して行動していこうと思います。

6回の閲覧