• ひろみ

アナトミック骨盤ヨガWS参加

ヨガ業界で知る人ぞ知る内田かつのり先生の、“アナトミック骨盤ヨガメソッド体験ワークショップ”。

鍼灸師でもあるので、解剖学的見地からアーサナを指導してくれるので知識が深まります。

単にヨガインストラクター養成講座を卒業しただけでは、この部分の知識は本当に浅いので勉強になるんです。

ただ筋力バリバリ使う系なのでめちゃハード・・・という噂はいろんな所から聞いていたので、受けてみたいと思いながらも日程や内容が合わないのをいい事に見送ってばかりいました。

それがSNSでたまたま見つけ、体験ワークショップという気軽な形でスケジュールも合うので、その日の体調を見て直前2時間前に思いきって予約!

すごい人気の先生なのに、平日夜ということもありわずか6名の参加です。

でもその分、手は抜けない・・・

自分の限界ギリギリのところまで、筋肉を酷使せざる得ません・・・💦

腰掛のポーズ(いわゆる空気イス)で両手あげ背中まっすぐのキープやダウンドッグ片足あげキープなどなど・・・またそのキープ時間が長い!!!ひたすら忍耐です。

そして内田先生はBGMの使い方が超個性的。

「投げやりに生きてきた時期もあるでしょう。でもこのヨガマットの中では真摯に自分と向き合いましょう」的な心に響く言葉に、ピアノ伴奏の「ファイト!」(中島みゆきの曲で吉田拓郎がカバーしているバージョン)が聞こえ「闘う君の唄を、闘わない奴らが笑うだろう」の歌詞でなんだか泣きそうになったり。

かと思えば、松田聖子やサザンの昔の曲がかかり、しんどいキープ時間の気も紛れます。

自身のトレーニングになったのはもちろん、立前屈するときに意識する骨の場所や腰痛持ちの方が気をつけるべき点などを教わったので、また自分のレッスンに活かしていきたいと思います。