• ひろみ

自分軸をつくる

今年のレッスンで大事にしたいテーマは、「自分軸をつくる」ということ。

それは「ブレない心をつくる」という事でもあるし、「体幹を強化する」という事でもあります。

ヨガは心の状態が身体に影響をおよぼし、またその逆もしかりという“心身相関”に基づいています。

なぜ今さらそのテーマの重要性に改めて気付かされたのかと言うと、お正月休みの間に

読んだ本にヒントがありました。

それはヨガのノウハウ本ではなく、「言葉が人生を変えるしくみ その最終結論」という

自己啓発系の本です。

願望実現するには自尊心(自信)・行動(努力)・コツ(潜在意識を活用する事など)という3本柱が必要で、その配分は自尊心53%・行動40%・コツ7%が最適との事。常々“開運引き寄せヨガ”は何でも叶う魔法じゃないから、やはり自分で努力する事が大事と思ってきたので腑に落ちました。しかし自尊心が一番比重を占めているとは、よく考えると納得ですが盲点でした。


自尊心とは自分を信じられる力のこと。

育ってきた家庭環境によるところが大きいので難しい部分ではありますが・・・。

でも「そのままのあなたで十分」と、何でも肯定的に育てられた人って少ないのではないでしょうか。

親は子どもの将来を心配するからこそ、時には否定的な言葉を投げかけるものです。

だから大人になった今、誰かに褒められるのを待つのではなく、自分で自分のことを

「そのままでいいよ」とまずは認めてあげて下さい。

そしてちょっと人に優しくしたり、今までしたこともないような事をしてみたり、小さな

成功体験を積み重ねて自尊心をUPさせてほしいと思います。


文中に「自尊心の低い人は他人や外側に軸があるので、自分に自由はありません。自尊心の高い人は常に自分に軸があるので、いつでも自由です。何があっても“すべては自分次第”を念頭に置いて生活しましょう」と書いていました。

情報過多の現在においては、知りたくない事を知ってしまい振り回されてしまうかもしれません。FBでは誰かのリア充ぶりにモヤモヤしてしまうこともあるでしょう。

私もヨガを仕事にするまで何十社と落ちまくっていた時期があり、リア充な人々との落差に落ち込んだ日々がありました。そんな時は外側や他人と少し距離を置いてみるのも一案。

振り回されている時って視野が狭くなっているので、外側の世界や他人の言動がすべてと思いがちだけど、その情報は不確かなものかもしれないし物事の一端に過ぎません。


そしてあきらめずに1ミリずつでも願望実現とは関係ない努力でもいいからしていれば、

そのうち心が変わり、状況が変わり、必ず自尊心が高まっていきます。

まだまだいろんな事にブレまくりな私ですが、だからこそ今日もヨガで体幹を鍛え、

愛する生徒さんたちと一緒にブレない心と自分の軸を見つけて、心自由に羽ばたかせたいな思います。

~大阪・上本町&玉造界隈のヨガ教室・開運引き寄せヨガ~

 ラッキーヨガでラッキーな日々を!/吉本ひろみ